[2/16]金継ぎワークショップ

【金継ぎワークショップ】

金継ぎとは、割れたり欠けたりした器を漆で接着し、
金などの金属粉で装飾して仕上げる日本独自の修復技術です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
割れたり、欠けたり、ひびがはいったり、
大切なものでも形があるものは、ずっとそのままでいるのは難しい。

漆の木の樹液をつかって、昔の人は物をえいえんに使おうとしていた。
そういう知恵を絶やさないでいきたいと思った。
単純にごみを増やしたくなかった。
そんな理由で、広まって欲しくて教えています。

状態にもよりますが大体2回以上から6回程で完成します。
漆が硬化するまでも時間がかかるので、月に一度の開催を予定しております。

お急ぎの方はご相談ください。
強度などはおとりますが、パテを使った簡易な方法もございます。

完全予約制です。
(Facebookページの参加ボタンだけでは予約になりません)

【予約方法】
1、こちらにアクセス(https://airrsv.net/tamanehutte/calendar
2、カレンダーから日付を選ぶ
3、《新規予約を登録する》から予約をおこなってください
※予約数は“参加人数”ではなく“何個作るか”を指定してください

難しくてわからない場合はFacebookのDMか店頭でも予約が可能です

その日たまねヒュッテ.はランチ営業する予定ですので、
合わせてご利用ください

《注意事項》
漆はかぶれることがあります。
体調や気候にもよるので、やってみないとわからないです。
ゴム手袋を用意しておりますが、ご注意くださいませ。

【開催概要】
開催日: 2019/2/16(土)
時 間:前半)10:30-12:00 後半)13:00-14:30
参加費:1回3000円(大体2回以上から6回程で完成)
   (基本的に参加費に全て含まれていますが、大きな物や大きな箇所をなおす場合は別途料金がかかる場合があります。事前にご相談ください)
予 約:https://airrsv.net/tamanehutte/calendar
持ち物:なおしたいもの(3点程度が目安)
汚れても良い服装
器を固定して運べるような箱があると良いです
定 員:各回5名
場 所:たまねヒュッテ.
(〒166-0013 東京都杉並区堀ノ内2-38-11)
アクセス:新高円寺駅より徒歩15分

《臼井 佐織 うすい さおり》
学生の頃、日本画を学んでいた事がきっかけで、金継ぎをはじめる。
世の中の人ほとんどがお裁縫をするように、
金継ぎができるようになったらいいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です